ビタミンC

ビタミンC

 

Sponsored Link

ビタミンC

ビタミンCでガンを予防

 

ビタミンCは、ガン予防に効果があることが確認されています。
発がん物質が体内でできることを防ぐということです。
発色剤として使われることの多い亜硝酸が胃の中で反応しあってできるのが、発がん性物質で知られるニトロソアミンです。
胃以外でも体内のいたるところで合成されます。
ビタミンCは、このニトロソアミンを阻止する力があることが確認されています。予防効果としてビタミンCが、インターフェロンを増やすのです。
インターフェロンは、簡単にいえばウィルスの細胞内での増殖を防ぐ物質なのです。
最初に阻上線を張るのは、白血球とリンパ球で、ウィルスを取り囲み細胞内に入れないようにします。
ウィルスの勢いが強ければ、細胞内に入り込まれてしまいます。
このとき細胞内で作られるのがインターフェロンで、ウィルスの増殖を阻止する働きをします。
ビタミンCには、インターフェロンの合成能力を高める働きがあるのです。
ビタミンCを取るほどインターフェロンができるのです。ビタミンCは、コラーゲンの生成を促進してガンの進行を遅らせる効果が期待されます。

 

コラーゲンとは、体の細胞同士をつなぐ特殊なタンパク質です。
ビタミンCによって細胞同士の緊密な結びつきが強化されると、ガンなど正常な細胞を崩そうとするものに対して、コラーゲンが、ガン細胞の増殖や転移を抑えると考えられます。
ビタミンCには、免疫機能を高めてガンに対抗するとともに制ガン剤による副作用も抑えることができるのです。
体内に細菌が入ると白血球がその細菌を食べてしまうことが免疫作用です。
白血球が免疫機能を発揮するためには、ビタミンCが大量に必要なのです。

 

ビタミンCで、風邪の予防・治療

まず、インターフェロンを増やす、免疫機能を高める、コラーゲンの生成を促進。
ビタミンCの持つ作用が大量投与で通常以上に力を発揮し風邪を予防することが出来るのです。
ビタミンCが体内で、酸化されていく過程で活性酸素ラジカルという物質を発生する。
活性酸素ラジカルには、風邪ウィルスの核酸を直接攻撃して破壊してしまう働きがあります。
こうした作用で、風邪ウィルスの働きは弱まり増殖が抑えられるのです。
ビタミンCの働きは、ストレスに対抗する抗ストレスホルモンの合成を助けることもでき、コレステロール値を下げ、特に悪玉コレステロールを減少させ、老化や病気の原因となる物質を無毒化するのです。

 

ビタミンCを多く含む食品

・ブロッコリー

・ピーマン

・いちご

・小松菜

・甘柿

・ほうれん草

・カリフラワー


 

 

Sponsored Link



ホーム RSS購読 サイトマップ